軒天・軒裏

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

軒天ってなに?

軒天とは、屋根の真下部分にある壁のことをいいます。外壁から外側に出ている、屋根の裏部分です。

軒裏(のきうら)、上げ裏(あげうら)、軒天井(のきてんじょう)、軒裏天井(のきうらてんじょう)とも呼ばれています。

軒天も外壁や屋根同様、雨風や紫外線にさらされていますので劣化します。

そうしたときには、塗装や補修が必要です。軒天部分には主に、防藻・防カビ・防水機能がそなわった、通気性のある塗料を塗ります。

軒天が経年劣化によって、雨のしみのようなものができていることがあります。ただの汚れなら問題ないのですが、屋根に雨水が入り込んで、下地材まで傷んでしまっている場合があります。

軒天に雨のしみ、軒天が湿っている、ということは屋根に雨が侵入している可能性があります。そうなると雨水により軒天の腐食を招いて、家の寿命を縮めてしまうことになります。

軒天の塗装や補修工事だけのために、足場をかけるのはもったいないので、通常は外壁塗装・屋根塗装と合わせて行います。

大切な我が家を1年に1回はセルフチェックをするようにして、普段じっくり見ない「軒天」部分に異変があったら、早めに対処しましょう。

※軒天には天井内の換気のために、軒天有孔ボードや軒天換気口がついています。

 

タイトルとURLをコピーしました