札幌で塗装業者を選ぶ前に知っておきたい4つの事

はじめに

あなたがお住まいの家について、「そろそろ屋根を塗り替えたい」「外壁を塗り替えたい」と思ったらまず何をしますか?
例えば屋根の塗装を依頼したいと考えたとき、いくつか調べるポイントがあると思います。

1:屋根の塗り替え金額の相場はいくらくらいなのか
2:自分の家の屋根はどれくらいの面積なのか
3:自分の家の屋根の種類は?
4:どんな塗装をしてもらった方がよいのか

恐らく上記4つがポイントで、1から4の順番に調べるのではないでしょうか。
上記4点については別途記載していきます。

札幌だけでも塗装業者は星の数ほどある

塗装業者は札幌市内だけでもかなりの数があります。

業者のみならず、最近ではホーマックなどでもリフォームパックという商品があり、「屋根・外壁をパック料金で」という文言で塗装サービスを展開しています。

特に塗装にこだわりもなく、料金も気にならない場合はこういった大手に頼むのも構わないでしょう。

大手に頼むから絶対いいとは限らない

数ある業者の中から大手の業者に頼むという方も多いでしょう。
誰しも大手や名の知れた業者に頼んだ方が安心した気持ちになれるからではないだろうか。

しかし、大手に頼んだからといってその大手が直接施工するとは限らない。
だいたいの場合、大手に頼むとその下に下請けがいて、その下請けが施工する。
あるいはさらにその下の孫請けが施工するのが実態としては多い。
この現状は最低限知っておくべき知識であろう。

下請けや孫請けが腕が悪いわけではない。
むしろ下請けや孫請けでもよい業者はたくさんある。

「下請け」とだけ聞くとなんだかイメージが悪く聞こえるかもしれないが、確りした業者はあるので誤解しないでほしい。

下請けは腕がないわけではないが、気持ちがないかもしれない

あなたの家を塗り替える塗装業者もあなたと同じ「人間」です。

下請けで施工するということは、元請けがあってそこから下請けに仕事を流すので
「あなた」は「下請け塗装業者」の本当の意味でのお客様ではないのです。

そうなると、人間どうしても「自分のお客さんじゃないからなぁ」という気持ちになると思いませんか?

するとどんなに腕のいい職人が来て、どんなにいい塗料を使っていたとしても「高品質な塗装」を施工しようとする気持ちがはいらなくなり、どこかで手を抜かれてしまう可能性は否めない。

相場金額や料金を気にするより元請けか下請けかを知る

外壁塗装にしても屋根塗装にしても決して安い値段ではない。

よくある無料見積もり依頼や面積によるシュミレーションをするよりも、まずは施工は下請けに流さない、元請けが絶対施工する業者を探すところからはじめるとよいでしょう。

一つ札幌で新たに「札幌建築リフォーム向上会」という今までのリフォーム業に革新を起こそうとしている人々によって結成された組織がある。
その運営をしている札幌の「イズミ塗装」は若き社長が自らお客さんと話し、自ら施工する、少数精鋭の塗装業者だ。

今後の展開に注目したい。

札幌市ランキング

塗装ランキング