ホーマックの外壁塗装の口コミや評判は?リフォーム専門業者との違いを解説

4.0
スポンサーリンク
塗装の基礎知識
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

DCMホーマックの外壁塗装を検討しているが、「口コミや評判」が気になりますよね?

高額なリフォームなので失敗はしたくない気持ちがあるでしょう。

ホーマックでリフォームをする際は、まずは「相場」を知ってから検討する事が肝心。

  • ホーマックのリフォームの口コミや評判は?
  • もう少し安くする方法はないのか?
  • 塗装専門業者にお願いする場合の違いは?

上記3つの問題を解決します。

基本的な知識をおさえると、「30万円以上」安くリフォームができる可能性もあります。

30万円おトクにできたら、外壁塗装だけではなく、トイレやお風呂などのリフォームにまわせたり、家族旅行にも行けますよね。

というわけで、DCMホーマックの外壁・屋根塗装のメリット・デメリットを含めてお伝えします。

スポンサーリンク

DCMホーマックの外壁塗装やリフォームって安い?

ホーマックの外壁塗装、地域にもよりますが、

598,000円~

と、パックプランを打ち出しています。
関連記事ホーマックの外壁・屋根塗装チラシ

この金額や施工に関しては「大手リフォーム系」による施工金額にしては良心的な金額と思います。

足場代も込みの金額ですし。

ホーマックのチラシをよく見てみると落とし穴がある

ここからが本題だ。

確かに良心的な値段ではあるが、いくつか疑問点も見えてくる。

塗料について

一般的に外壁塗装における使用塗料は、

    • ウレタン塗料
    • シリコン塗料
    • フッ素塗料

というようにおおまかにわけて3種類のグレードがある。(正確にはアクリルやラジカルなどもう少し種類があるが)

ご存知かと思うが、ウレタン→シリコン→フッ素の順に耐久性は上がるのだ。その分塗料の価格も上がるので施工価格は自ずと上がる。

そこで気になるのが、先程のホーマックの外壁塗装のチラシをもう一度見てほしい。

ウレタン塗装より、シリコン塗装の方が耐久性や価格が高いはずなのに、施工金額が同じである。

この価格についての仕組みについてはさらに記載する他の疑問点を述べた後に、最後にまとめてお伝えします。

外壁塗装面積150~180㎡の場合とあるが、ピンとこない

まず、自分の家の外壁の面積ってどれくらいあるかわからないって方が多いでしょう。

外壁塗装をする場合、延床面積から計算して金額を算出するのが一般的です。

建坪から外壁面積を計算

建坪とは建築面積を坪数に計算したものです。

※建築面積とは建物を上空から見た時の水平投影面積です。

上の図の様に、家の2辺の長さを図って外壁面積を算出する計算式があります。

図の場合、12mと6mなので12×6=72㎡(建築面積)
72㎡を建坪に変換→72×0.3025=21.78

この建物の坪数は21.78坪。わかりやすく21坪としましょう。
そして2階建ての家なので単純に21×2=42坪となり、この建物の延坪は42坪とします。

この42坪に3.3をかけると延床面積に変換できます。42×3.3=138.6㎡

これに窓などの塗らない部分を係数を使って外壁面積を算出します。
一般的に1.1~1.4をかけますが、今回は1.3を使います。

そうなると、138.6×1.3=180.18㎡(外壁面積)となります。

この外壁面積となった場合、先程のホーマックの外壁塗装のパック価格にはおさまらなくなるため、金額が上がってしまう場合があります。

値段だけにひかれて、いざ見積もりをしてみると面積オーバーしているので金額が高くなるという事も十分ありますのでご注意ください。

\お見積りは完全無料!簡単3分で相場がわかります/

足場(200㎡)までを含みます。がわかりにくい!

足場が価格に含まれているのはありがたいけども、これって聞いた話や口コミでは外壁の面積が200㎡までとの事。

一見外壁塗装の面積150~180㎡をクリアしていれば足場も基準内に収まるだろうと思うかもしれませんが、よくよく見ると、
※屋根足場使用の場合は別途となります。

と書いてある。

すごくわかりにくい!

このホーマックの塗装プランには屋根の塗装も含まれるので、屋根にも足場をかけるはず。

そうなるとおそらく足場はこのプラン内ではおさまらず、金額が加算されてしまうかもしれません。

ホーマックだけどホーマックじゃない?

そしてこのホーマックの外壁塗装、実際に施工するのはホーマックの社員や従業員ではありません。

大手リフォーム会社にも同じことが言えますが、大体の場合、大手が獲得した塗装工事の案件は、下請け業者に流れるのが一般的です。

場合によっては孫請けまで流れることもあるのです。

その流れとなる場合、仮にホーマックが税込645,800円で受注しても、その工事が下請け業者に安い金額で流れるのです。

冒頭にあった、ウレタン塗装とシリコン塗装が同じ金額なのは、ホーマックに入ってくるマージンは変わらないからというカラクリのもとこの金額があるのです。

下請け業者も当たりはずれがあるので、「ホーマックだから安心」というイメージがあるかもしれませんが、施工する業者によってはもしかしたら技術の面で差がでてくるかもしれません。

ホーマックのリフォームの口コミや評価は?

良い業者かと思っていたのに・・・
ホーマックリフォームは、基本的に良い業者だという評判を聞いていたのですが、私の家のリフォームをお願いした時は最悪でした。
完全に足元を見ているような態度で見積もりをされましたし、他のリフォーム業者にお願いしたほうがよかったと後悔しました。
悩んでいる時間がなかったのでとりあえずはお任せしましたが、工事当日もすごく態度が悪いし、本当にむかつくことばかりでした。ここまでひどい業者がいるんだということに逆に驚いてしまいました。

先程も述べたように、当たり外れがあることがあるのです。

塗装だけなら大手よりも地元の塗装専門店に依頼するのがおすすめ

せっかく大手のリフォーム会社やホーマックに依頼しても、先程の口コミなどのように当たり外れがあったり、中間マージンの関係で費用が高くなる可能性があるのです。

外壁や屋根の塗装を考えているのであれば、地元の塗装業者にお願いするのが費用も適性価格におさえられるのです。

かといって、どの塗装業者にすればよいかわからないというのもあるでしょうから、全国で450万人以上が利用している審査に通った優良塗装業者のみが登録されている地元の塗装専門店に一括で無料見積もり依頼ができるサービスがあります。

こちら⇒外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】

一度に地元の塗装業者からまとめて見積もりを取り寄せる事ができますから、そこから施工方法や使用する塗料、そして金額を比較し、しっかり説明してくれて納得できる業者、この業者ならお願いしたい!という業者を自分で選ぶことができるのです。

無料で利用できますから、名の知れた大手だからという「安心イメージ」で大手に決めてしまう前に、
一度地元にどんな塗装業者がいて、どのようなリフォームを提案してくれるのか塗装のプロに話しを聞いてみるのをおすすめします。

無料外壁・屋根の塗装見積もりをまとめて取り寄せてみる>>>>>>

タイトルとURLをコピーしました